特別な日には特別なレンタルドレスを

レンタルドレスを借りるまでの流れと注意点

レンタルドレスを借りるまでの流れと注意点 レンタルドレスは店舗によって扱っているドレスが違います。お洒落なデザイン、可愛いデザインなど様々なテーマがあり、結婚式や二次会、パーティなどの目的や用途に応じて選ぶドレスも変わってきます。レンタルショップを利用するときには、多くの人がネット注文をしますが、初めて利用する人はどのように手続きを進めていいか分からない人もいるので、ここでは商品を利用する手順を解説します。

インターネットでレンタルドレスのサービスを利用する時には、自分が気になる店舗のホームページから借りたいカテゴリのページに行き、ドレスを選びます。多くのショップでメインとなるウエディングドレス以外にも、ゲストのパーティ用ドレス、メンズやキッズの衣装など幅広いカテゴリを扱っているショップもあります。

自分が着たいドレスが見つかったら借りたい日を指定しますが、余裕を持って借りることをおすすめします。ドレスが届いたら中を確認して注文したとおりの商品かどうか確認しましょう。配送方法を選択するときには、自分が自宅にいる日時と時間を指定しましょう。時間指定できる宅配業者を利用するので、確実に自分が自宅にいる時間に届けてもらうことができます。

基本的に返却は利用日の翌日までに発送する必要があります。この期間を過ぎてしまうと延滞料金を取られてしまう可能性があるので、事前に遅れないようにしっかりスケジュールを管理することが大切です。期限を過ぎてしまわないように着終わったらすぐに返却します。クリーニングをしないでそのまま返却手続きをすればいいので、手軽なのが魅力です。

他店との差別化を図るために、多くのショップでドレスだけでなくアクセサリーやバッグなどの小物や、当日履いていくシューズなどを選べるサービスを提供しています。ドレス以外に必要なものを自分で用意しなくてもレンタルドレスと一緒に借りることができるため、時間と労力が軽減されて便利です。

注意点もチェックしておきましょう。たとえば、破損や汚損があると修繕費用が別途徴収されることがあります。基本的にはクリーニングしないでそのまま返却しますが、大きなシミなどの汚れやドレスが破れてしまうなどの破損があった場合は、後から修繕費用を請求されることもあります。また期間内であればキャンセルもできますが、キャンセルの時期によっては料金が発生することもあるので、レンタルドレスのサービスを利用する時には、余計な出費が無いように計画的に活用しましょう。

最新記事